戌年に、犬がいない・・・

  • 2018.01.13 Saturday
  • 12:25

 一昨々年の12月の夜、近所のどこかのお宅から、犬の大きな鳴き声がした。きっと、新しく飼い始めたんだろうなぁと思いつつ、ちゃんとしつけしてよね!と、思った。  

 

 年を越し、春になろうが夏になろうがいつまで経っても夜でも真夜中でも、そのワンちゃんは吠え続けた。  

 

 ある日、うちのマンションのお隣の一軒家が取り壊されて、更地になった。 すると、これまで見えなかった斜向かいのお家の庭に、柴犬がいるのが見えた。

 

 あっ!こいつだな!!と、思った。  

 

 時々ベランダから見た。少し、様子が違って見えた。

 

 お散歩の時、脚を片方引きずっていた。ケガか、病気でもしているらしかった。

 

 動物を飼ったことがないものだから、その犬の年齢もピンとこなかった。  

 

 昨年の春、缶ビール飲みながらベランダからいつもの柴犬を見た。もうその頃は、いつ吠えようがどうでもよくなっていて、元気に吠えるものだから勝手に「ゲンちゃん」と、夫と呼んでいた。  

 

 その晩、ゲンちゃんが飼い主のおばちゃんに抱っこされて、家の中に入るところだった。 ついつい飼い主には目が向かず、ゲンちゃんに手を振った。

 

 すると、飼い主のおばちゃんが手を振り返してきたからビックリした。  

 

 「あんたに手を振ったわけじゃないのっ!ゲンちゃんに振ったのよ!!」と思ったところでムリもない。飼い主のおばちゃんに悪いことしたなと反省した。  

 

 ある夏の晩、ゲンちゃんがわりと近くで吠えているからベランダに出ると、いつもの場所に見えなくて、うちのマンションのそばの方で鳴いているみたいだった。

 

 どこにいるのか見てみても暗くて見えない。ケガでもしていないかと、とても心配になった。  

 

 しばらくして、飼い主のおばちゃんが懐中電灯を持って出てきた。いつもの辺りを探していたから、大きな声で、「こっちの方で鳴いてますよ!」と、ベランダから言った。おばちゃんは「あらそぉぉぉ。」と言い、家の裏の方まで見に行った。

 

 少しして、ゲンちゃんが抱っこされて来た。おばちゃんは、ゲンちゃんの前足で私に手を振った。  

 

 いつも規則正しくお庭に出てきて、規則正しく吠えていて、規則正しくお昼寝して、起きたと思ったらまた吠えていたゲンちゃんが死んだ。12月の、クリスマス少し前だった。

 

 いいお天気なのにお庭にいなくて、気になっていた。

 

 朝、おばちゃんが通っても、怖くて聞けなかった。  

 

 一週間後の土曜日のお昼前、ゲンちゃんちの前にワゴン車がいた。

 

 おばちゃんはいつものからし色のセーターを着ていて、ご主人のおじさんは、いつもと違う正装していた。もう一人、黒いネクタイの業者さんがいた。

 

 そこまで行きたかったけれど、ベランダから動けなかった。 おばちゃんが泣いてるのがわかった。近所のおじさんも来て、業者さんと揃って合掌した。私は何も出来なかった。  

 

 ワゴン車が閉まり、小さなダンボールみたいのを乗せて、行ってしまった。

 

 おばちゃんとおじさんともう一人のおじさんは、しばらく立ち話していた。  

 

 やっと戻ってきたおばちゃんに、「ワンちゃんは?」と聞くと、おばちゃんは手を合わせて横にして、眠っている姿をした。やっぱり、死んじゃったってことだった。  

 

 おばちゃんに、「今のワゴン車、ゲンちゃんだよね!?」と聞いた。おばちゃんはうなづいた。ベランダで、大の大人だというのに泣いた。「いい子だったよね!」「一生懸命歩いて、頑張ってたよね!」と、ギャーギャー泣きながらおばちゃんに言ったら、おばちゃんも泣いた。  

 

 もう言葉が出なくて、家に入ろうとしたら、おじさんが深々とおじぎしてくださった。  

 

 前の日、やたら綺麗な星が、いつもゲンちゃんがいる金柑の木の真上にあって、ぞっとした。本当なら、とっても綺麗な星なのだから嬉しいはずなのに、あっ!と、嫌な感じがした。  

 

 ゲンちゃん、お空に行ってしまった。  

 

 ゲンちゃんちに、お花を贈った。お供え用のは寂し過ぎるから、可愛いのにした。

 

 おばちゃんから、お菓子を戴いた。   

 

 お礼とお悔みの電話をした。ゲンちゃんの本名はチャチャちゃんで、女の子だと教えてもらった。14年半だったそうだ。  

 

 クリスマスより何より、戌年にゲンちゃんがいないなんて・・・、それより何よりおばちゃんの名前が「美奈子ちゃん」だったことに、たまげた。ハイカラ過ぎるよ・・・美奈子ちゃん(^_^;)  

 

 他人さまのワンちゃんなのに、もう声もしなければ姿も見えない。ただただ悲しい。ワゴン車の土曜日から、3週間目になる。つらくてたまらない。

  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << March 2018 >>

    selected entries

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM