は!?

  • 2019.10.09 Wednesday
  • 11:00

 夜中の0時過ぎ、カーテン越しに何かがいるのを感じた。

 

 窓の向こうは、電線。ここは、3階。ちょっとややこしい作りのマンションで1階部分に郵便受けがあったりするから、3階といっても高さは4階と同じ。

 

 電線で、横長の何かが動いている。

 

 気になったから、見た。

 

 ・・・あなた、もしかして、

 

 ハクビシン(@_@)(@_@)

 

 この辺りにいるのは知っていた。

 

 だけど、ずっと先の道を、ススススと横切っている影を何度か見たぐらい。

 

 目の前の電線で、綱渡りみたいにしているハクビシン。

 

 「こんな高い所、うまく歩くなぁ(*^▽^*)」と、感心している場合じゃない。夫を急いで起こした。

 

 「えっ、何?地震??」緊急地震速報とまちがえたらしい。黙って電線を指さした。ハクビシンは、電線の、もうだいぶ離れた場所まで進んでいた。

 

 「は、ハクビシン(@_@;)!?(@_@)!?(@_@)!?」

 

 「来るよ!!(≧◇≦)あれ、絶対来るよ!!(≧◇≦)(≧◇≦)」と夫。

 

 そのうちベランダの手すりをススススと、どころか、ベランダでくつろいじゃってるかもしれない(^▽^;)

 

 朝、ご近所さんへ伝えた。そちらでは、夜のワンちゃんの散歩でバッタリ遇ったことがあり、ハクビシンはびっくりした様子、ワンちゃんはきょとんとしていたらしい。

 

 でもそんな、絵本みたいに穏やかにいくとも限らない。

 

 ご近所さんに、「電線をハクビシンが歩いていたんだよ。」と言うと、「え?」と絶句された。

 

 そして「ま、マジで?」。

 

 「たまげたよー。」と言うと、「そりゃたまげるわ!!!」と。

 

 今晩も来るのかな?

 

 びっくりさせて、電線から落っこちないようにしないとなぁ・・・。

 

 夫を起こすのだけはやめとこうと思った。

 

 

 

 

  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM